1. HOME
  2. 業務内容
  3. 農業土木 - 農業土木設計(調査計画) / 平成27年度

農業土木 - 農業土木設計(調査計画) / 平成27年度

津堅地区調査・測量委託業務

本業務は、沖縄振興公共投資交付金の一環として建設される農業水利施設にかかる調査及び測量を行うものである。安全を期するため磁気探査を併用し、1号貯水池建設予定箇所でのボーリング調査、地下水位の観測、2号貯水池建設予定箇所においては埋蔵文化財の有無を確認するために試掘調査を行った。

嘉手納町民農園整備基本計画策定業務

本業務は、嘉手納町内における防衛施設周辺に所在する行政財産(土地)を利用した町民農園整備のための基本計画を作成するものである。作成するにあたって各種上位計画や統計資料より町の情勢把握を実施し、対象となる土地の現状調査、地域住民の意向調査を目的としたアンケートやワークショップを開催した。その他、関係各課の代表を基本に構成された町内検討会議を設置し、多角的な見地からの町民農園のあり方を精査・検討をおこない整備計画を作成した。

渡口・与儀地区事業概要策定業務

本業務は、沖縄振興公共投資交付金(農地整備事業)として要望のある渡口地区(北中城村)と隣接する与儀地区(沖縄市)を対象に農業水利施設等の構想計画をたてるものである。両地区はかんがい施設が未整備ながらも、観葉植物や果樹などの栽培が盛んにおこなわれている一方、区画が不整形な与儀地区では耕作放棄地がところどころ目立つのが現状である。そこで近隣の基幹的排水路にて水文観測調査を実施し、与儀地区の農地造成を含む畑地かんがい施設の全体構想計画を取りまとめ、事業の円滑な採択を目指す。

団体営調査設計委託業務(伊豆味クカルビ地区)

今帰仁村との境界にある伊豆味クカルビ地区(本部町)では、現況地形を利用した排水路沿いが水食により農道の洗堀や法面崩壊が発生している。この問題をうけて、本業務は災害防止を目的とした排水路整備と法面保護、基幹的農道としての機能を維持するための補修計画を作成するものである。作成にあたって本地区の地形や土質、気象などの現状の把握、交通量調査や経済効果などの算出をおこない整備計画書を作成した。

伊平屋北部2期地区太陽光発電設備検討業務

本業務は、水利施設整備事業(交付金)伊平屋北部2期地区において、導入を予定している太陽光発電施設について経済性の観点からの有効性を検討することを目的とした。
買取制度変更による当初設計からの設備設計変更点の概要、施設電力量の確認、買取価格の想定、建設費の積算、ランニングコストと耐用年数の確認、想定発電量の再計算、建設コストと経済性の観点から有効性を検討した。また、再エネ買取制度の変遷と現制度の変更点に言及し、出力制限による総買取り金額の変動について考察した。

天底第1地区経済効果算定業務

農山漁村活性化対策整備事業「天底第1地区」は、国営土地改良事業羽地大川地区の基幹かんがい施設を利用し末端施設を整備することで農業所得の向上と農業経営の安定と改善を図ることを目的に平成25年に採択された事業である。本業務では、当初計画していた受益面積の変更や事業費の増に伴い、費用体効果の分析を再度おこなうものである。