1. HOME
  2. CSR-私達の社会貢献-
  3. 平成29年度 米須地下ダム山城沈砂池地域貢献活動

平成29年度 米須地下ダム山城沈砂池地域貢献活動

日時:
2017年11月10日(金)
場所:
山城沈砂池

活動のきっかけ

本活動は、沖縄本島南部土地改良区との地域貢献活動の協定に基づき実施するものです。
弊社が沖縄総合事務局 沖縄本島南部農業水利事業所より受託した「平成15年度沖縄本島南部農業水利事業米須地下ダム山城沈砂池補足設計業務」ならびに「平成17年度沖縄本島南部農業水利事業付帯施設整備設計業務」で設計を行わせていただいた山城沈砂池の進入道路部並びに沈砂池周辺の除草作業を行っております。さらには水質浄化の実験としてベチバーの浮島設置を試行しております。
本活動を継続することにより、設計でかかわった完成現場の様子を、継続してうかがい知ることが出来ます。また、同地域での環境保全維持に、微力ながらも寄与できていると考えております。

活動内容

活動日時:平成29年11月10日(金) 
午前作業 9:00~12:00  
本開催  14:00~17:00

活動場所: 米須地下ダム山城沈砂池

参加団体と人数
・内閣府 沖縄総合事務局 農村振興課 3名
・内閣府 沖縄総合事務局 土地改良総合事務所 2名
・沖縄本島南部土地改良区 7名
・糸満市役所農村整備課 3名
・糸満市 土地改良区合同事務所 7名
・糸満市 伊原地区 2名 
・田幸技建コンサルタント 12名
計 36名

作業内容
・ 進入路の草刈
・ 沈砂池周辺の草刈
・ 刈り取った草の搬出
・ 水質改善の実験のため、ベチバー浮島増設
・ 連絡・救護・作業状況の写真撮影

活動の様子

  • 午前作業、作業準備
  • 午前作業、作業開始前に注意喚起。
  • 午前の草刈り作業。管理用道路は既に刈ってあったので、岸周辺の除草作業です。
  • 刈草搬出でベチバー浮島の作業スペース確保
  • 昨年設置したベチバー浮島を回収
  • ベチバー班の浮島引き上げと並行して、草刈り班は岸の草を刈っていきます。
  • うなぎ?発見
  • ベチバーの成長具合を確認。
  • ベチバーの成長具合を確認。
  • 午後からの本開催、開会式の様子
  • 午後からの本開催、開会式の様子
  • 午後からの本開催、開会式の様子
  • 午後からの本開催、作業説明
  • 作業開始です。
  • 作業の様子。南西側。
  • 作業の様子、北東側。壁面に生えた小木を高枝のこで切取ります。
  • 刈草の搬出。ハサミを装備したユンボで草を積んでいきます。
  • 東側管理用道路の法上と石積み法面の除草。
  • 去年植えたベチバーを株分けして、今年の苗にしていきます。
  • ベチバー浮島。浮島に苗をくくりつけます。
  • ベチバー株分け作業
  • 浮島に苗をくくりつけます。
  • 浮島に苗をくくりつけます。
  • 作業の様子。南西側。
  • 伐採が難しく、例年見過ごしてきた岸壁面に生えた小木。今年は伐採に挑みます。
  • 作業の様子。北東側。
  • ベチバー浮島作成はなかなか終わりません。
  • 休憩はきちんと取ります。
  • 休憩はきちんと取ります。
  • ベチバー浮島作成はなかなか終わりません。
  • 3つのフレームを組んで1つの浮島にします。
  • 3つのフレームを組んで1つの浮島にします。
  • 北東側。石積み壁面がきれいに現れました。
  • 北西側から南東側を望む。除草作業は完了です。
  • 作業終了時刻となりました。
  • 作業終了時刻となりました。
  • 手洗い用の水を準備し損ねました。来年は忘れないように。
  • 閉会式
  • 閉会式
  • 閉会式
  • 後片付け。ベチバーは完了できませんでした。後日、作業を完了させます。

作業概要

管理用道路部分は、一昨年ごろより糸満市農村整備課により定期的に除草作業をなされているようです。おかげで、本活動においては、ため池岸全周の除草と、水質改善を狙ったベチバー浮島の増設が可能となりました。
本開催は午後からですが、例年通り午前から作業に入ります。一度集合した上で安全注意喚起を行ってからの作業開始としました。
除草班の作業は、ベチバー班に多数の人手を割いたにもかかわらず、順調に進みました。
本活動を開始して本年度で7年目となりますが、岸壁面に生えていて除去しづらかった為取り残されていた小木が、無視できないぐらいに育っていました。今回はその小木も伐採することとしました。
例年通り美しい石積みが露わとなり、目立ってきた小木もすっきり取り除くことができました。
ベチバー浮島は、昨年5組設けておりましたが、今年度は一気に10組まで増やす計画です。ベチバー班の作業は昨年設置したベチバー浮島を回収し、株分けをして苗を作り、再度浮島に括りつけて、池に浮かべて網場に固定します。5組の浮島を新たに追加し、合計10組の浮島設置です。時間が足りないことが予測されましたので、担当者を増やし、午前から作業に入りましたが、当日では終わらせることはできませんでした。
後日作業をしまして、何とか完了致しました。来年度は、ベチバー作業の一部は別枠にするなどを検討した方がよいかもしれません。

作業前後比較

後日作業

当日、ベチバーは完了できませんでした。
11/15~11/16にベチバー設置を完了させました。
  • ボートで引いて、網場に固定します。
  • 全部で10個の浮島を設置しました。

おわりに

今年の地域貢献活動におきまして、沖縄総合事務局土地改良総合事務所、沖縄総合事務局土地改良課、沖縄本島南部土地改良区、糸満市農村整備課、地元伊原地区の方々など、各方面からのご協力とご参加に感謝申しあげます。
来年も継続して、実施していきたいと考えております。来年も、本年同様のご協力・ご賛同いただけましたら幸いです。